美しい坂道人生

アイドルオタクの備忘録

声優オタク⇒地上アイドルオタクになった

【乃木坂46】僕は僕を好きになる 感想(ちょっと考察)

 

 

""僕は僕を好きになる""のパフォーマンスが披露されました。

久々の新曲で楽しみでとてもわくわく。

 

乃木坂46というアイドルグループの大ファンであるが故に少し批判的なことも書いています。ご容赦ください。 

 

・曲の感想

初聞きの感想は・・・

正直ピント来なかった。笑

 

というのも、乃木坂の曲って聞けば聞くほど好きになっていくので、

飽きにくいけど最初は理解できないんですよね。

だから"ひと夏の長さより"や"別れ際、もっと好きになる"に最初から気づけなかった。

もちろん"あらロマ"や"I see..."のように第一印象でガッと胸倉を掴まれて投げ飛ばされるような飛び道具曲もあるし、そっちは最初から今までずっと好き。

 

しかしこの曲。とても乃木坂らしい。

さすが勝彦といったところか、しっかり乃木坂色で作曲してくれました。

まさにサビの華やかさが乃木坂そのもの。

枯れ落ちていた花たちが一気に咲き誇るような感じです。

また、Aメロの細かいメロディーに怒涛のように歌詞を詰め込むやつ、とても乃木坂。

 

ラスサビの転調もよい。と思います。

フルで聞かないと何とも言えないですが。

 

歌詞は

周りが嫌いだったけど、よく考えたら原因は自分で自分が一番嫌いだったということを知って

僕は僕を好きになるわ。っていう歌ですね。

子供のころの記憶で"許せない嘘"や"誤解"で嫌いな人がたくさんいたはずだけど、

成長して気にならなくなって前向きになっちゃうみたいです。

 

やっとわかったんだ

一番嫌いなのは自分ってこと

 

って言ってます。

また、歌詞に"僕"は出てきますが、"君"は出てこないので自分1人の歌みたいですね。

早く2番の歌詞を知りたい。

 

あと、今回の曲は乃木坂の曲によくある"ぼかし"や"比喩"がない ・・・

一番楽しみにしてたのに・・・

Route246も"Wow"多用してるし、まぁRouteはダンサブルな楽曲なので別にいいんですけど、もうちょい康節(壮大な考察を必要とする歌詞)だったらうれしかったです。

もしかして、それが新しい乃木坂?

考えすぎですが、だとしたらがっかりです。

 

・衣装、ダンス

衣装が今までの乃木坂とは違った!

ミニスカだ!!!!!わーーーーいかわいい

 

ダンスが技巧すぎて難しい。フォーメーション移動も複雑ですごいな~って思いました。

ダンスはやっぱり飛鳥ちゃんが好きですね。

あと、山下顔面ガチでかわいいっすね。

 

・曲を聞いて、パフォーマンス見てを改めて感じたこと

センターの山と曲がいまいち会っている感じがしません。違和感がある

過去の表題曲は、

気付いたら片想い⇒七瀬

君の名は希望⇒生駒

シンクロニシティ⇒まいやん

裸足でSummer⇒飛鳥

のように曲を聞いたらセンターがまず思い浮かぶものなんですが今回はどうでしょう。

正直なこと言うと、この曲なら松村センターがよかったなーという印象を受けました。

すみません、早とちりですね。

この問題も時間が解決してくれそうです。

Cメロの「辛いことがあったら~」のところのフロント3人組、とても好きです。

 

 

 

冒頭でピンとこなかったと書いてますが、絶賛無限ループ中なのでもう大好きになっちゃってます。笑

 

 

みなさん、1日1回録画してあるベストアーティスト2020:乃木坂46を見ましょう。

 

↓↓↓

 

同番組の日向坂46:アザトカワイイの「なんだか全部キュンとする」の加藤史帆さん。一番見てください。

 

ウインクしてます・・・・・・・・・・・・・・・・・!